設計-色彩學
March 17, 2016
July 29, 2015
這個表是以RGB顯色時,對照RGB色彩與CMYK色彩顯色時的誤差,作為比較。
簡單的可以知道這個表中RGB所混出來的青色(C)與洋紅(M)都不是十分接近CMYK的顏色。方便做稿時或是研究時做顏色誤差的比對。

この表の意味はモニタ上でRGBカラー表示するには、RGBとCMYK色の誤差であり、比較用のものです。
簡単の意味で、この表からわかることはRGBから混色すしたシアン(C)とマゼンタ(M)、ともCMYKに近くないことを判明した、デザインするときに配色するには参考になりますね。

點擊在新視窗中瀏覽此圖片
July 28, 2015
這圖表並不是傳統的色彩學的方法。但因為印刷上的標色是以顏色往上加了後產生新的色彩,所以我在這裡聲明「加色法」是我方便學員們記憶的說法。
在人類的習慣裡面,大家知道黃色加青色會變綠色,黃色加洋紅會變紅色,青色加洋紅會變藍色,但是這是色料的顏色才會產生以上的規則。在色光裡並不會產生一樣的效果。

この表は伝統の色彩の方法ではありませんが、印刷するには色を出すために、色の値を加えるのは普通の操作方法です。この習慣で「加色法」というです。人類の習慣では、黄色と青を混ぜると緑になり、黄色とマゼンタを混ぜると赤になり、青とマゼンタを混ぜるとブルーになります。ただし、色光では前の色を混ぜるとこう効果なりませんでした。

點擊在新視窗中瀏覽此圖片
July 28, 2015
一直很困擾自己的理論式的色相環,隨然很好用,但卻不能推翻各家的價值。做軟體教學十卻面臨著大家做印刷與網頁上的差異,電腦上明明標試著RGB與CMYK的模式與作法,但是對於初學的學生卻不知道Y+M=R。透過多次的教學練習之後,還是把它丟出來好了。有空在繼續整理有關色彩學的相關資料。

理論の色相はすごく便利ですけど、コンピューターで使うと困っているのは、やぱりコンピューターで見つからない設定です。教室でソフトを教えるときに、いつもこの色相環をつくっています。なぜなら、練習しならが、簡単にY+M=Rを理解できるようになりました。やっぱりこの色相環をだした方がいいだと思います。

點擊在新視窗中瀏覽此圖片
繁體中文的六色色相環
August 10, 2011
主題:色彩識別的管理與應用
主講:(九日國際有限公司 & A.PAO DesignSTUDIO 整合視覺設計師暨網站站長,RRU-TPE29)
http://blog.apao.idv.tw/

日期:2011.08.18(四)
時間:19:00-21:00
地點:RRU校友會館 - 臺北市基隆路二段189號13樓之7(捷運六張犁站附近)
電話:會館 (02) 2738-1388
費用:FREE !!
主辦:校友會人力資源及會員發展委員會

資料來源:
http://www.rrutw.com/modules/tadnews/index.php?nsn=44

活動記錄:
http://www.rrutw.com/modules/tadnews/index.php?nsn=47

點擊在新視窗中瀏覽此圖片
November 22, 2009
色相環為進入設計與配色時的方便工具,設計師們早都已經把色相環背在腦中,十二色相為一般配色時所應用。
進入電腦做設計時,A.PAO 建議以下面6色做色彩組合(RGB色光三原色+CMY色料三原色)為基礎變化與循環法則,在處理設計案件時,比較不會被電腦系統與傳統色相環相所混亂︰


點擊在新視窗中瀏覽此圖片
分頁: 1/2 第一頁 1 2 下頁 最後頁
[ 顯示模式: 摘要 | 清單 ]